海外にいても、僕らはひとつ! ロンドンでの募金活動レポート


ロンドン在住の我が妹(しらさかまい)が、地震の2日後の日曜日にFacebookを中心に参加者を呼びかけ、ピカデリーサーカスにて募金活動を行いました。

兄バカな気もしますが、募金までの経緯、
募金活動当日のことをSkypeでいろいろ聞いたので、
ここで報告させていただきます。

地震が起きたと知った時、
妹は、遠い地にいることで何もできない無力感を感じたそうです。

そこで思いついたのが、募金。
遠くにいながらも、募金という形で少しでも力になれば、と思い、
ロンドンにいる日本人コミュニティに声をかけて、活動を決めました。

呼びかけを行ったのは、Facebookイベント。
charity for Japan! from London募金活動

イベントページを作り、少しずつ賛同者も集まってきたのですが、
いろいろな問題がでてきました。

ひとつは、公共の場を使っての募金活動が、
警察の許可が必要なのではないか、ということ。
また寄付先との連携と、寄付先の明記やその証明はどうするのか、ということ。
(詐欺じゃない団体だということをどう信じてもらうの?等)
赤十字にも事前報告を試みたらしいのですが、連絡がつかなかったようです。

その問題をFacebookで指摘してくださった方に対して、
妹はこう答えていました。

うー。思いつきってやらなきゃ気がすまないのよ;(
日常生活でもやっていいこと悪いことわかんないけどこういうときはもっとわかんない!けいさつにダメよーって言われたら、そしたらどうすればいいのか手ほどきうける。

考える前に動いてます。
更に、その後には、こんなコメントをFacebookで残しています。

ロンドンにいる私達のできることの一つだと企画をさせていただきました。
ですがこの活動にあたっての忠告も寄せられたのも事実です。
集まってくださる方にひとつ、お伝えしたいのが最悪、警察沙汰になった場合です。
私自身はビザが3ヶ月もありません。ですのでこれによって違法とみなされて帰されても本望だと思っています。
ですがもしビザの関係、もしくは滞在に不利になる最悪の場合も考慮しての活動にご参加いただきますようお願い申し上げます。
明日は各自で箱なりペンなりTシャツなり、呼びかけできるものを持参していただけると有難いです!

とても不器用な動き方だとは思いますが、
「今、出来ることをやる!」という気持ちなのでしょう。

地震当日から2日後、ロンドン時間の朝9時から夕方にかけて、
募金活動は行われました。

あいにくの雨の中にもかかわらず、
最終的には50人以上の方が呼びかけに参加してくれて、
結果、イギリスポンドで3,800ポンド(日本円で約50万円!)
もの募金が集まりました。

また募金以外にも、被災者の方へのメッセージをたくさんの人に書いていただきました。

Facebookのイベントページを見てくれて、
ロンドン郊外からわざわざ募金の為に来てくれた方や、
家族は無事か? と心配してくれた様々な国の人、
とても多くの人の「力になりたい」という気持ちを感じた、
と話してくれました。


多くの人の想いを受け取って感無量のしらさかまいさん


ただいまです。長い一日だった!今日気づいたのは、人ってみんな温かい!!!less than a minute ago via web

募金から帰宅したときの妹のTweet


自己満足に結果がだせたこと。それだけで感無量です!明日以降も引き続きピカデリーにて募金活動に精出します:)ロンドンから日本に届きますように!less than a minute ago via web

今後も、引き続き募金活動を行っていくつもり、
と話していました。

今回は単発のイベントページで参加者を募りましたが、
今後の活動も考えて、現在はFacebookグループを作成しています。
London charity for Japan

日本国外でも、被災者の方々の為にチカラになろうと
活動してくれる人がいる、と思うととても心強いですね。

まだまだ予断を許さない状況ですが、
国内、国外関係なく、力を合わせて乗り越えましょう!
人間の団結力、ナメんなよ!!

この記事を書いた人

シラサカショウ
TwitterFacebook

株式会社ピチカートデザイン代表。元自衛隊で元ホスト。84ism.jp編集長、 ボードゲームカフェオーナー、JELLY JELLY CAFEオーナー、株式会社人狼の代表取締役予言者。将来の夢は、wikipediaに載ること。
BLOG: しらさかブログ

あわせてどうぞ